自然派が好きな人はヘナがおススメ

自然派が好きな人はヘナがおススメ

ヘナは西アジアから北アフリカにかけて自生する低木植物です。古代エジプトでは髪を染める染料として使用される他、爪や唇を染める化粧品としても使われていました。染色作用だけでなく、殺菌作用・防腐作用があることから、古くから薬や防腐剤としても使用されていました。
ヘナの染色成分が髪のケラチンに絡みつくことで白髪が染まります。髪を染めるだけでなく、髪や頭皮のトリートメント効果もあります。髪の毛のケラチンに絡みつくため、髪全体をコーティングしてくれるので、紫外線やほこりなどのれから髪の毛を守ってくれます。自然由来のヘナならば、アレルギー体質の人や肌の弱い人でも安心して使えますね。自然派の方に人気のカラーなので、少しずつ負担無く染めたい人におススメです。
デメリットとしては、ヘナで染めた直後は髪が乾燥してパサパサになることです。しかし髪の乾燥は一時的なものなので、ヘナで染めることを続けているうちにトリートメント効果によって髪のパサパサ感はなくなります。もう一つのデメリットは、色むらが出やすいということですね。白髪部分だけがメッシュのように染まることがあります。しっかりとムラなく染めたい人には向いていません。